お問い合わせはコチラ

買い物かご


商品カテゴリから探す

カテゴリ名横のをクリックすると
サブカテゴリ一覧が開きます。

  • リンクバナーのご案内
  • 営業所一覧
  • 仙台89ers
  • 日本トライアスロン連合
  • お友達紹介キャンペーン

製品比較表

型番 UVM10AL MEA4 MEA6 MEA10D MEA20
販売価格 2,780円~ 3,900円~ 4,500円~ 6,980円 9,100円
型式番号 消第29~12号 消第26~29号 消第26~30号 消第26~31号 消第26~32号
消火薬剤 粉末(ABC)3.0kg 粉末(ABC)1.2kg 粉末(ABC)2.0kg 粉末(ABC)3.5kg 粉末(ABC)6.0kg
能力単位 A-3・B-7・C A-1・B-3・C A-2・B-3・C A-3・B-7・C A-5・B-12・C
使用温度範囲 -30℃~+40℃
総質量 約3.9kg 約2.0kg 約2.9kg 約4.6kg 約8.1kg
全高x全幅x胴径(約/mm) 440×200×132 385x190x102 465x200x102 510x210x127 570x240x160
放射時間 約14秒 約13秒 約15秒 約15秒 約17秒
放射距離 4~6m 3~5m 4~7m 5~8m 5~8m
購入する≫ 購入する≫ 購入する≫ 購入する≫ 購入する≫

優れた耐久性

一体型成型容器で圧漏れリスクを大幅低減

アルミ素材を採用し継ぎ目(溶接)のない、より安全な一体成型容器で、圧漏れリスクを軽減しました。

耐食・耐候性に優れる粉体クリア塗装

耐食・耐候性に優れるアルミの質感を生かし、容器表面にはメタリック調カラー塗装キャンディレッドの粉体クリア塗装を施しています。

湿気を逃がす底部マジックホール

底部には樹脂加工を施し、床面を傷から守ります。またマジックホール構造により、サビなどの劣化原因となる湿気を底部から逃がします。

扱いやすい軽さ

従来型よりやく20%軽量化

アルミ素材を採用し、従来の鉄製加圧式消火器にくらべ約20%の軽量化を実現しました。

あらゆるシーンにマッチする、こだわりのデザイン

出火の際に見つけやすいだけでなく、あらゆるシーンにマッチするデザインにもこだわりました。

フラットゲージによるすっきりとした上部

置く場所の邪魔にならないすっきりとした上部

キャンディレッドの粉体クリア塗装

アルミ地を生かしたキャンディレッドの粉体塗装で、見つけやすさをデザインを両立

視認性に優れたラベル

ラベルには、より多くの方が視認しやすいよう書体と色使いに配慮した、ユニバーサルデザインを採用しています。

幅広い火災に対応 粉末ABC型消火器

粉末ABC

幅広い火災にも対応し、最も普及している薬剤です。

  • A型・・・普通火災
  • B型・・・油火災
  • C型・・・電気火災

蓄圧式消火器

特徴

本体容器内には、消火薬剤とともに放射圧力源となる窒素ガス(N2)が、常時0.7~0.98MPaで蓄圧されており、レバーの操作によって吐出管、ホースを通って消火薬剤がノズルより放出されます。圧力源の窒素ガスの蓄圧状態が、圧力ゲージ(指示圧力計)によって外部から見えるようになっているため、圧力状態のチェックが簡単にできます。

  • 破裂事故の心配が少なく、安全性が高い。
  • 圧力ゲージで常に適正圧力を確認できるので安心。
  • 持続して一定の放射量で消火できる。

蓄圧式消火器の圧力ゲージ

赤色の指針が緑色ゾーンにあれば、使用可能です。

使用方法・注意点

使用方法

  1. ①安全栓を抜いて、上下レバーをにぎるとすぐに消火薬剤を放射します。
  2. ②火元から3m以上は離れてから放射を開始し、炎の根元を手前から掃くように消火器を

左右にふりながら放射し、順次前方に進んで消火してください。



注意点

  • ・火災の消火以外に使用しないこと。
  • ・人に向けて絶対に放射しないこと。
  • ・幼児の手の届かないところに設置してください。
  • ・消火器は30度以上傾けて使用しないでください。
  • ・薬剤が目や皮膚についた場合はすみやかに水洗いし、異常を感じた場合には医師の診断を受けてください。
  • ・「使用期限の終了年月」を過ぎた消火器は使用せず、新しい消火器と交換してください。
  • ・消火器は、使用温度範囲(-30℃~+40℃)の環境に設置してください。
  • 高温の場所、湿気の多い場所、水しぶきのかかる場所、腐食性ガスが発生するような場所には設置しないでください。

消火器のリサイクルについて

使用後や不要になった消火器の廃棄にはリサイクルシールが必要です。

消火器の安全な回収とリサイクルのため、廃棄には消火器リサイクルシールが必要です。2010年1月1日以降に製造された消火器には消火器リサイクルシールが貼られており、リサイクル費用※を前払いしているため、将来廃棄する時には消火器リサイクル費用※がかかりません。

※リサイクル費用とは、消火器を解体・選別・リサイクルする費用です。回収のための収集運搬・保管費用は含まれておりません。

消火器の処分・リサイクルについて

・全国の仙台銘板営業所にて、回収を承っています。

・株式会社 仙台銘板全国営業所一覧

※回収のため収集運搬・保管費用を別途頂戴する場合がございます。あらかじめご了承ください。


・株式会社 消火器リサイクル推進センターのHPにて、お近くの回収センターを検索できます。

・株式会社 消火器リサイクル推進センター リサイクル窓口検索